日吉で子どもの虫歯治療のための歯医者を選ぶ際、どんなところにポイントを置いて探せばいいかを紹介します。

予防歯科に積極的な日吉の歯医者

最近、予防歯科という言葉をよく耳にします。

予防歯科は、虫歯になる前のケアを大切にするもので、歯医者でプロフェッショナルケアを受けたり、歯科医や歯科衛生士からの指導に基づき、毎日行うセルフケアの両方をすることです。

歯は、私たちが生活していくなかでもとても重要な役割を果たすもので、歯が無くなってしまうと生活の質が著しく低下します。

歯が痛んだり、抜けてしまったりするとせっかくの食事がおいしく感じませんし、うまく噛めないことで消化器官も不調になったりして、全身に悪影響を及ぼします。

そういった辛い目にあわないよう、歯医者でもきちんとケアをしましょうと、予防歯科という科目を揚げているところが増えてきたのです。

日吉の多くの歯医者でも、予防歯科に力を入れているところがあり、治療を終えた患者さんに定期的にハガキなどでお知らせをして検診を受けるような取り組みをしています。

私たちは勝手なもので、痛みが出ないと歯医者には行きませんよね。

痛い時だけ「痛いから早く何とかして」と駆け込みますが、治ってしまえば見向きもしません。

それでケアが疎かになり、また虫歯や歯周病でお世話になってしまう…。

ひどくなってから歯医者に行くので、「歯医者は痛い、怖い」ところになってしまってますます足が遠のくという悪循環です。

こうなる前にプロにケアをしてもらい、予防するのが予防歯科です。

痛くなくても、定期的に歯医者には行くべきですね。

日吉の歯医者では、予防歯科を積極的に行っています。

◇関連記事・・>[えっ…歯の骨が溶ける?歯科医が警告「歯石」を放置するリスク